サイトマップ

全車禁煙タクシー

すべての車両が、禁煙です。

平成15年の健康増進法施行に伴う受動喫煙防止の動きは、様々な公共交通機関で取り入れられ、タクシー業界でも全国各地で車内禁煙の動きが広がっています。国際興業大阪では、医療機関と提携し、「専用乗り場」での営業も展開しています。

実施概要

  • 国際興業大阪が運行するタクシー車両(ワゴン・介護タクシー含む)を全車禁煙にします。
  • 営業社員は、空車・回送中でも車内喫煙はしません。
  • 車体の屋根に「禁煙表示灯」を設置。夜間でも、一目で禁煙タクシーと確認できます。
  • 後部ドアには禁煙マークを装着。乗車時にも簡単に確認できます。
  • 車庫入庫時には、オゾンを使用した脱臭・殺菌を行います。
  • 車内の匂いを軽減し、さらに快適なタクシー車内の保持につとめます。

社員にとって、車内環境は、職場環境だから。

「タクシー全車両の禁煙化」により、社員が日々長時間働く車内環境は、格段に良くなりました。平成20年5月、喫煙状況についてアンケートを実施。サービスの実施後、二次的効果として営業社員のライフスタイルにまで波及しており、64%が「タバコの本数が減った」と回答しています。車内環境の改善は、お客様だけでなく、社員にも健康的で良い影響を及ぼしています。

タバコを吸っている営業社員に聞きました。 タバコをやめた(5%)タバコの本数が減った(64%)現状維持(31%)

ページのトップへ