サイトマップ

グリーン経営

環境経営への取り組み

平成20年4月30日付けで、「交通エコロジー・モビリティ財団」が実施する「グリーン経営認証」を取得しました。
この「グリーン経営認証」は、国土交通省の外郭団体である「交通エコロジー・モビリティ財団」が推進する環境保全を目指した認証制度で、「環境保全のための仕組み・体制の整備」「エコドライブの実施」「低公害車の導入」などの5分野について、一定レベル以上の審査基準を満たす事業者を認証するものです。
この度、同財団による認証基準の審査の結果、当社本社および全ての営業所における環境保全への取り組みが評価され、同認証を取得しました。
当社では「アイドリングストップ運動」や「燃料削減運動」など、昨今特に問題となっている地球温暖化と、その元凶である二酸化炭素の排出量削減に取り組んできました。同認証の取得を契機に、社員の環境に対する意識向上を図るとともに、今後も引き続き環境経営への取り組みを積極的に推進し、目標として全車両燃費5%向上を目指します。

環境方針

基本理念

株式会社国際興業大阪は、公共交通機関としての旅客運送業(タクシー・バス等)を通じて、環境保全活動に取り組み、高品質なサービス提供と安全な運行により、地域に貢献し、企業活動と自然環境の調和を目指して社会的責任を果たします。

基本方針

1.
適切な車両整備と社内教育により快適な移動環境の提供に努めます。
2.
環境負荷低減を目指し、資源とエネルギーの再利用や有効活用、排気ガス、産業廃棄物の削減を行い、汚染の予防に努めます。
3.
環境方針に沿って目的・目標を設定し、必要に応じて見直し、継続的な改善を行います。
4.
環境関連法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
5.
全従業員に対して環境理念、方針を周知徹底し、環境保護の意義と重要性を認識させます。

環境目標

1.
燃費の向上・・・全車両(燃費5%削減)
2.
エコドライブ
1.
ふんわりアクセル「eスタート」
2.
加減速の少ない運転
3.
定速走行の励行
4.
エンジンブレーキの活用
5.
経済速度の厳守
6.
停止・発進回数の抑制
7.
空ぶかしの抑制
8.
適正な車間距離
9.
タイヤの空気圧
10.
駐車場所の注意
11.
不必要なエアコン使用の抑制
12.
交通状況を考慮した予知運転の効果的使用
3.
アイドリングストップ
1.
アイドリングは常に必要最小限にする
2.
洗車・休憩中には確実にアイドリングストップする
3.
暖気運転は、必要最低限の時間に抑える
4.
サービスエリア、パーキングエリア、住宅街では、騒音、臭気などの環境問題を考え必要最小限のアイドリングにとどめる

グリーン経営とは

認証実施団体「交通エコロジー・モビリティ財団」

グリーン経営認証について
「グリーン経営認証」とは、同財団が認証団体となり、グリーン経営推進マニュアルに基づき、一定のレベル以上の取り組みを行なっている事業者に対して、審査の上、認証・登録を行なうもの。平成15年4月からのトラック業界の認証開始に続き、平成16年4月から、バス事業者への認証をスタート。

ページのトップへ